ファミコンアドベンチャー一覧ファミコンアドベンチャー冒険編1ファミコンアドベンチャー冒険編2

1989年17件

ファミコンアドベンチャー 赤龍王をプレー
赤龍王

1989年2月10日サン電子
 何回もゲームオーバーを見せられることに多くのプレーヤーをイラつかせた。漫画を読んで内容を知っている読者でも楽しめるようストーリーを新しくした。

ファミ通レビュー5,6,6,4

ファミコンアドベンチャージーザスをプレー
ジーザス

1989年3月17日キングレコード
パソコンタイトルの移植。ファミコンとしてはグラフィックの質が高い。シナリオの流れもいい感じ。当時の雑誌の評価も非常に高い。マルカツレビュー8,7,8,7

光GENJI・ローラーパニック

1989年3月ポニーキャニオン ディスク
画面が異様にピンクピンクしたピンクなゲーム。風俗店のようだが立派なアイドルゲームだ。
「男がプレイすべきでないゲーム」「純粋にアドベンチャーゲームとしてもオススメできない」マルカツレビュー6,5,6,4

暗黒神話

1989年3月24日東京書籍
これはいただけない...。すべてが唐突。原作知らないとまず雰囲気からして入り込めない。しかも即ゲームオーバーが多発。マルカツレビュー6,7,8,6

シャドウゲイト

1989年3月31日ケムコ
様々な罠が仕掛けられた城の中を探検するアドベンチャーゲーム。

マルカツのレビューは8,8,7,8とかなりの高評価!ファミ通レビューは5,7,7,7。

美味しんぼ

1989年7月25日バンダイ
なかなか斬新と評判。マルカツレビュー7,6,7,7。「いまひとつのりこめない」とファミ通レビュー5,6,7,4

アイドル八犬伝

1989年9月14日トーワチキ
3時間くらいで終わるのはある意味良い点。忙しい現代人には逆に理想的かも。ファミ通レビュー5,7,7,5

悪魔の招待状

1989年9月27日ケムコ
ケムコ一連のアドベンチャー路線を受け継いでいる。ファミ通レビュー7,7,7,6
マルカツレビュー7,7,7,8

明治維新

1989年9月29日ユース
アドベンチャーとシュミレーションの二部構成。前半のアドベンチャーの結果でシュミレーションの展開が変わってくる。「消化不良」「トロイ」など。ファミ通レビュー6,5,6,5

「あまりにも色々な要素を詰め込み、消化不良」「坂本竜馬という人物を描ききれていない」マルカツレビュー5,7,6,7

ふぁみこん昔話 遊々記

1989年10月14日任天堂 ディスク
西遊記をモチーフにしたテンポの良いアドベンチャー。マルカツレビュー7,8,8,8

御存知弥次喜多珍道中

1989年11月7日HAL研究所
ほのぼのとしたお笑いアドベンチャー。お笑いといいながら一体どこで笑ったらいいのかわからぬまま進行していく。

ファミ通レビュー6,6,7,7。「気軽に遊べる。気軽すぎるのが難点」「シナリオ的にはいま一歩な感じ」

おそ松くん バック・トゥ・ザ・ミーの出っ歯の巻

1989年12月8日新生工業・バンダイ
「おそ松くん」のイヤミが主人公。ファミ通レビュー5,6,7,5

星霊狩り

1989年12月8日ハドソン
日本の古代神話にをモチーフにしたアドベンチャー。ファミ通のクロスレビューは6,6,7,5。

スウィートホーム

1989年12月15日カプコン
映画のゲーム化、上から見下ろしのバイオハザードみたいなホラーな感じ。雰囲気のある良質アドベンチャー。ただ自分にとってはキャラの組み換えが面倒でしかなかった。ファミ通レビュー6,7,8,7。

かってにシロクマ

1989年12月15日CBS・ソニー
画面切り替え方式の2Dマップを移動するアドベンチャー。ファミ通レビュー3,5,6,5

ザ・マネーゲームⅡ~兜町の奇跡~

1989年12月20日ソフエル:株式シュミレーションの前作から今作はアドベンチャー形式へ。ファミ通レビュー5,6,7,5。「実行が遅く、気軽にデータが閲覧できない」マルカツレビュー5,6,5,6

TM NETWORK LIVE IN POWER BOWL

1989年12月22日エピック・ソニー
 かつての超人気バンド、TM NETWORKが出演するアドベンチャー。地球滅亡を防ぐため、タイムとラベルした先でTMNETWORKに出会うというストーリー。

丁寧には作られているようだが画面内をカーソルで調べる事が多いのがネック。

ファミ通レビュー6,6,7,4「ミュージシャンのゲームなのにBGMがイマイチ。」

1990年以降10件

迷宮の達人 大迷路

1990年11月30日エポック社:3DダンンジョンRPGから戦闘、RPG要素という面白みを取り除いた抜け殻のようなゲームがしたいなら。ファミ通レビュー5,6,7,4

AD&D ヒルズファー

1991年3月21日ポニーキャニオン
RPGを元にした2Dマップを探索するリアルタイムアドベンチャー。時間の流れがあるのでボヤボヤしているヒマはないのだ。ファミ通レビュー6,5,6,3

タイムツイスト

1991年7月26日任天堂 ディスク:主人公が幽体離脱を繰り返しながら時代を旅するアドベンチャー。ファミ通レビュー6,6,7,6

メタルスレイダーグローリー

1991年8月30日HAL研究所
中古市場でやたらと高値を付けているソフト。流れるような展開で詰ることは無い。メッセージスピードにイライラさせられるかもしれない。ファミ通レビュー6,6,6,5

少年アシベネパール大冒険の巻

1991年11月15日タカラ
「アドベンチャーの形式を借りたアニメドラマ」「退屈」との事。ファミ通レビュー5,6,6,4

舛添要一 朝までファミコン

1992年4月17日ココナッツジャパン
 会社の大プロジェクトを成功させるために、各方面で奔走するビジネスマンが主人公のアドベンチャー。

今や一連の疑惑が次々と露見している真っ最中。まさに疑惑の連日フィーバー状態の舛添氏。胡散臭さで窒息死したいなら。

ひょっこりひょうたん島 -なぞのかいぞくせん-

1992年4月25日ユタカ
一本道アドベンチャーに倉庫番タイプのパズルをそこかしこに配置。

「意外といい」「心地よい」「ぜったいに詰まることのないアドベンチャー。クライマックスにはちょっとホロリ」ファミ通レビュー6,7,7,5

魔法のプリンセス ミンキーモモ

1992年7月29日ユタカ
アマゾンレビュー2件☆5

「大人気アニメものって駄目駄目なゲームがとても多いので(例 スケバン刑事3)全然、期待をしていなかったのですが、このゲームは本当によく作りこまれていてグラフィックもとても綺麗で面白いです!」

ナムコプリズムゾーン ドリームマスター

1992年9月22日ナムコ
アマゾンレビュー1件☆5
「アドベ゛ンチャーと言ってもRPGに近いのだけど、武器や防具を装備して何体か敵を倒してクラスアップしてダンジョンの様々な謎を解いてボスに立ち向かって行く・・・音楽も結構いい感じだしストーリーには引き込まれます。」

ろくでなしブルース

1993年10月29日バンダイ
バンダイもまじめに取り組めば丁寧なゲームを作れる。操作性の良い2Dマップで探索、美麗な静止画で物語は進む。

アマゾンレビュー1件☆5
「とにかくバンダイらしからぬ「気合の入った作品」ですので、原作ファン・ファミコンファンはお試しあれ!」

ファミコンアドベンチャー一覧ファミコンアドベンチャー冒険編1ファミコンアドベンチャー冒険編2

g-player.com