セガサターンアドベンチャー一覧セガサターンアドベンチャー1996年一覧セガサターンアドベンチャー1997年一覧セガサターンアドベンチャー1997年7月~12月一覧セガサターンアドベンチャー1998年一覧セガサターンアドベンチャー1998年12月以降一覧

発売日順1996年29件

タイトル感想
リターン・トゥ・ゾーク

1996年2月2日バンダイビジュアル
アマゾンレビュー3件☆3

「謎解きは理不尽きわまりなく、いくら論理的に思考しようが解けるタイプの謎解きではないです。普通の人にとっては攻略サイトや本の助けを借りずにクリアするのは不可能に近いと考えてもいいでしょう。」

天地無用!魅御理温泉 湯けむりの旅

1996年2月9日ユーメディア
アマゾンレビュー1件4

「コミックなどで有名な天地無用のアドベンチャーゲーム。今回は辺境の温泉へ向かうまでが楽しめるオリジナルストーリー」

デスマスク

1996年2月9日バンタンインターナショナル電脳工場
アマゾンレビュー1件☆3

「本物の俳優が演じるムービーが流れる、シネマティック・アドヴェンチャーです。映画「トータル・リコール」のようなサイバーパンクSFですが、ストーリー、ムービーの出来は良い。」

サイベリア

1996年2月16日インタープレイ
場面ごとにアクションやパズル、シューティングが盛り込まれたアドベンチャー

「もうちょっとカンタンにしなさいって感じね」「どの道筋が正解か見当がつかず、移動してみて死んだらやり直すしかない」「シューティングが大味かつ激ムズ」ファミ通レビュー6,4,6,4

新世紀エヴァンゲリオン

1996年3月1日セガ
アマゾンレビュー2件☆3.5

「難点は戦闘をよく理解できていないとクリアが難しい事。救いはこのゲームのみ幻と言われている(?)ヒカリが歌う、愛の戦士エヴァンゲリオンが聴ける所でしょうか。」

ZORK・I

1996年3月15日翔泳社
アマゾンレビュー1件☆4

「このゲームは文字がひたすら表示され、コマンドを打ち込むテキストゲーム。その自由度は広大であり、おもわず笑ってしまうような演出も多い。海外センスの恐ろしさを体験するにはもってこい。」

ホラーツアー

1996年3月29日オー・シー・シー
アマゾンレビュー1件☆3

「ホラー・ツアーといっても「恐怖」を追及した作品ではなく、パズルなどが中心。ただ、雰囲気、ストーリーはゴシックホラー風の不気味な城の中で探検していくため、ドキドキします。パズルは極端に難しいものではなく、「MYST」が解ける人なら十分解けるレベルです。」

スナッチャー

1996年3月29日5コナミ
アマゾンレビュー5件☆4.8

「予想を裏切り続ける展開。こいつがスナッチャーか?と思わせておいて全然違ったり、後半に行けば行く程、真実に驚く事間違い無し。」

七つの秘館

1996年4月5日光栄
アマゾンレビュー2件☆4.5

「サクサク進むし、ストレスもあまりないです。原作者があのカゲキということで、ストーリー的にも楽しめました。」「志茂田景樹というと、TVでは変なカッコをしているおじさんというイメージが強いですが、実はSFからミステリまで非常に多作なエンタテイメント小説の名手。」

きゃんきゃんバニー・プルミエール

1996年4月5日キッド
女の子を口説き落とすアドベンチャー。シナリオは三つ。

「ストレートなエッチゲー。グラフィックより文字で興奮するタイプ。エロ本+エロ小説」「もうちょっとおしゃべりとグラフィックをサービスしてほしい」「アドベンチャーゲームしてないストーリー展開」ファミ通レビュー6,5,5,4

3×3EYES 吸精公主 S

1996年4月19日日本クリエイト
パソコンからの移植のコマンド選択式アドベンチャー。新たにオリジナルのアニメーションを収録。

「ゲーム2枚+ファン向けCD付きでこの値段はむちゃくちゃ安い」「状況をやたらと文章で説明して絵的に見せる演出が少ない。読み込みが頻繁すぎてシラける」ファミ通レビュー7,5,5,6

爆れつハンター

1996年4月26日アイマックス
 人気アニメ「爆れつハンター」のアドベンチャー。

「口パクとかが中心の演出はチープさを感じる」「電脳紙芝居」「味気ない」「閑散としている」ファミ通レビュー5,5,5,4

野々村病院の人々

1996年4月26日エルフ
アマゾンレビュー7件☆3.3

「ミステリーやサスペンスが好きで、多少H風味(あくまでも風味です)な内容でも構わない方にはお勧めしたい」「登場するキャラクターが魅力的で、ストーリーも見事。だけどキャラクターが喋るたびにロードするのは結構イライラする。」

犯行写真〜縛られた少女たちの見たモノは?〜

1996年6月14日イマジニア
アマゾンレビュー3件☆4.3

「意外にも真面目な作りで、一気にやれました。サウンドノベル好きなかたには一風変わっていて面白いと感じるかたもいるかもしれません」

ファミ通レビュー5,4,5,4「小説としてみると稚拙さはいなめない」「ストーリーが冗長。コトが起きるまでが長い長い。」

月花霧幻譚〜TORICO〜

1996年6月28日セガ
アマゾンレビュー7件☆3.3

「ミステリーとサスペンスをバランスよく散りばめたようなストーリーでした。幻想的で、それでもなぜか全く異質な空間ではないだけに、夢の中を歩いているかのような気持ちになります。」

時空探偵DD〜幻のローレライ〜

1996年7月26日アスキー
アマゾンレビュー2件☆1

「このゲームで1番不満な点は、とにかくストーリーが短くあっという間にクリアが出来てしまうところです。」「何なんでしょ」

NIGHTRUTH 闇の扉

1996年8月9日ソネット・コンピュータエンタテイメント
アマゾンレビュー2件☆2

「不親切な部分が多すぎます。肝心のストーリーもつまらなく、文章も小学生が書いたのかという稚拙な表現。」

神秘の世界エルハザード

1996年8月6日パイオニアLDC
アマゾンレビュー2件☆3

「世界マップと町マップをいろんな人と話をして謎を解きつつ世界を救ってゆくアドベンチャーゲーム。女の子に対する友好度パラメータがあり、友好度と行動選択でエンディングが複数あるマルチエンディング。」

イエロー・ブリック・ロード

1996年8月30日アクレイムジャパン
童話オズの魔法使いを題材にした3Dアドベンチャー。

「謎の無い平坦な展開は退屈。小一時間で終わってしまい、つづくの文字の後に次回作の予告。バカにするなという感じ。」「えー、これ序章しか入ってないけどいいんですかぁ!?」粗悪品の拡散を未然に見事に防いだファミ通レビュー4,4,5,5

ポリスノーツ

1996年9月13日コナミ
アマゾンレビュー2件☆5

「本編も読み込みが少なくPS版にはない乳揺れが入っていて(#^_^#)まさに最終形態と呼んで宜しいかと。SFと刑事物とガンシューティングが楽しめる傑作ADVを一度は是非ご賞味あれ。」

サクラ大戦

1996年9月27日セガ
アマゾンレビュー8件☆3.6

「ギャルゲ色は関係無く、大作でしょう。オープニング曲からはじまり、多方面メディアミックス迄含めても。ゲーム自体丁寧に丁寧に作ってあるのでプレイしていて好感が持てる。
難易度は低すぎるけど、コレはコレであり。」

グッドアイランドカフェ・飯島愛

1996年9月27日インナーブレイン
飯島愛のディレクターとなり、彼女のプロモーションビデオを作成していくアドベンチャー。

「プロデューサーの奴隷となってプロモーションビデオ作り。下請けの怒りと悲哀が味わえる。全体的にボリューム不足」「スイッチング楽しすぎ。ビデオを編集できるのもいい」「ゲームというより飯島愛のプロモーションビデオ感のほうが強い」ファミ通レビュー5,5,6,5

エターナルメロディ

1996年10月4日メディアワークス
アマゾンレビュー1件☆4

「選択肢によって展開が変わる「アドベンチャー・ゲーム」、スリリングな「すごろくバトル」、「恋愛ギャルゲー」の3つのゲームのエッセンスが絶妙にミックスされたゲーム。当時、ギャルゲーって今まで一度もプレイした事が無かったのですが、これはストーリーも面白くすごろくにも燃えました。」

LULU

1996年11月1日セガ
アマゾンレビュー2件☆5

「ゲームというよりはクリックしながら読んでいくデジタル絵本。所々に仕掛けがあり絵が動き出したり勝手にページがめくれたりと面白い。」「これは知られざる名作である。絵本好きならば、是非プレイしてみることを薦める。」

探偵神宮寺三郎未完のルポ
探偵 神宮寺三郎 未完のルポ

1996年11月29日データイースト
アマゾンレビュー1件☆3

「ファミコンからPSに舞台を移して活躍する神宮寺が見れます。バーかすみや今泉などの準レギュラーたちもこの作品から登場しました」

ディスクワールド
ディスクワールド

1996年12月13日メディアエンターテイメント
イギリスの人気小説家の本を題材にしたアドベンチャー。

「ヒントも少ない突き放し系。解いたときの達成感は○」「基本は画面をクリックしてアイテムを集めてそれを使って話を進める。だがどこでどのアイテムを使うか見当もつかない」「誰かと会うたびにさせられるダラダラとした会話。プレーを続けるのは苦痛」ファミ通レビュー6,4,5,6

NIGHTRUTH MARIA

1996年12月20日ソネット・コンピュータエンタテイメント
アマゾンレビュー1件☆5

「このゲームはサウンドノベルのくせに選択肢が一切ありません。前作はあったのに、今作は何故か選択肢が一切ないのでゲームをしているというよりアニメを見ている感覚に近いかもしれませんね。ゲーム性は皆無。」

アポなしギャルズ おりんぽす

1996年12月20日ヒューマン
いろんな世界の女の子を無理矢理召還して戦わせるアドベンチャー。

「単調な会話のアドベンチャーの合間に召還バトルするのだがアドベンチャー部分を飛ばせるのはなくてもいいからだろうか。」「1回の戦闘に時間がかかりすぎる。ストーリーに幅がない」「演出も冗長で無駄が多く、退屈」ひさびさに辟易としているファミ通レビュー3,4,4,5

銀河お嬢様伝説ユナREMIX

1996年12月27日ハドソン
 PCエンジンで大人気だったアドベンチャーゲームのリメイク。オープニングやバトルシーンでのアニメーションが大幅にパワーアップ。

ゲゲゲの鬼太郎 幻冬怪奇譚

1996年12月27日バンダイ
アマゾンレビュー2件☆3

「イラストや雰囲気が独特なので、鬼太郎ファンには最高のサウンドノベルだろう。しかしセーブ前からやり直すことができず、結局バッドエンドになるたびに何度も最初からやり直す羽目に。。。 同じ文章を何度も読み返すことになるので飽きる!」

セガサターンアドベンチャー一覧セガサターンアドベンチャー1996年一覧セガサターンアドベンチャー1997年一覧セガサターンアドベンチャー1997年7月~12月一覧セガサターンアドベンチャー1998年一覧セガサターンアドベンチャー1998年12月以降一覧