ファミコンの思い出

ファミコンの思い出

ディスクシステム編

→ 大容量が可能にした本格的なゲーム。音源が一つ増えたことによる臨場感のアップも実現!  パスワードいらずの途中経過の保存が可能に。

 書き換え自由!新作が500円でプレイ可能!次から次に新作がプレイできる夢がついに叶うのです!  

「これを買うと新作が500円で買えるんだよ!」「そうなのかい?」 親孝行のコウタ君は家計を助けるべく迅速に動きました! 費用がかかるのは最初だけ・・・。  誰もがそう信じたのです。

しかし!

まずは大容量ロムの登場。早々とディスクの2倍の容量を実現。

バッテリーバックアップの登場。これでもうふっかつのじゅもんがいらなくなりました。 さらには音源チップを搭載したロムの登場など。 次から次にディスクシステムを亡き者にするかのような新機能を搭載したロムが登場。

ローディングの問題

 「ディスクのローディングが長すぎるのでわ?」。ディスクシステムへの不信感をわざと助長するかのような問題作「レリクス暗黒要塞」がリリース。頻発するアクセスによりまともにプレイできない事に批判が噴出。

低スケール感

世間では大容量大作RPGが続々とリリース。

ディスクゲームは容量の小ささからショボゲームを連想させ、当初の理想とはかけ離れたものに!

だんだんとディスクシステムのソフトが作られなくなってゆく。やがて・・・・・



g-player.com

  • 500円で新作を次々にプレイできる!子供の夢を乗せたファミコンディスクシステムの末路
  • 「ドリキャスの時代がくるよ♪」信じた結果・・
  • ドラクエ3で初行列したらエライ目にあった
  • いまさらツィンファミコン買いました!
  • レトロフリークを買いました!