GTAオンライン

俺を狙う奴は誰だ!

初心者狩り

オンラインゲームにはこの初心者狩りなるものが横行することがある。しかしGTAの世界では比較的少ないようだ。なぜならベテランがセカンドキャラを作成し、初心者に成りすますことがよくあるからだ。もし低ランクからキルされようものならセッション内のプレーヤーから「ザコなのでは?」などと。

プレイ中の動きやらをじっくりみてから「こりゃマジもんの低ランクや♪」などとご理解された暁に狙われるのだ。

低ランク者を新しい仲間と思わず、単なる餌としか思わないプレーヤーは残念ながら存在する。

餌とはなにか?

キルデス比

「キルデス比」はその名の通りキルする数とキルされた数を比較した値。

これが高ければ他プレーヤーに勝ち、低ければ餌となっている頻度を表す。

高ければ一目置かれ、低ければ「ザコw」などという評価を暗黙のうちに下されているのです。

これが心理的に作用し、キルされれば「あっ!スコア下がったし!」キルすれば「っしゃああああああ!」などとドーパミンぶしゃーーというまさに製作者の手のひら状態へと昇華。マネーにも手を伸ばすわ。日頃のうっ憤をはらすわでこのゲームの基盤となるのがこのキルデス比といえるでしょう。

これを上げるために必死な輩様、そりゃ、餌をみつければ「っしゃーーーー脳汁の元キターーーーーー」と、ばかりに秒で殺到するのは必然。

7年も前のゲームにも関わらず、未だに新規参入者のいるGTAオンラインはベテランからすると餌が尽きない天国となっているのかもしれない。

GTAは全世界で最も売れたゲーム。そんなことを聞けば誰しも興味くらいは持つもの。しかも発売からかなり経ち、値段も安くなってきた。

せっかく参加したのに初めて降り立ったフリーセッションでの大荒れのボイスチャットに委縮してしまったプレーヤーもいるかもしれない。

「クズばかりやん!ヤバすぎだろコレ・・・」

「害基地のお仲間にはなりとうない!」

などと。

ここではそんなクズ様にキルされるのはイヤだという人に向けた情報を提供していきたい。

プレーヤーがもっと増えてくれればゲーム内容ももっと充実するはずだ。

多くの日本人の傾向とは合わない

制作者サイドの意図としてはプレーヤー同士争わせ、競わせ、他者より優位に立つべくマネーを使わせる意図があるようだ。

世界で最も売れているゲームだが日本でさほどでもないのは多くの日本人の気質がこのゲームと根本的に合わないのだ。

日本で最も売れているゲーム、それは牧歌的な「どうぶつの森」だ。

もちろんGTAに合う人もいて、心底楽しんでいることだろう。

体験しないことは勿体ない要素がたくさんあるこのGTAを楽しまないのは実にもったいない。

実際対戦があまり好きではなく、どちらかというと他者と協力して事にあたることが好きな自身。

そんな自分がGTAの虜にはなったのはこの協力プレーに興奮させられたからだ。

是非ゲーム内の機能や注意するポイントを掴み、イヤな思いはせず、自分の好みのプレイ方法で満喫して欲しい。

モード

このページの目的柄、安全面の視点から各モードを説明していく。

このゲームには大まかに分け「フリーセッション」「ジョブ」という世界に分けられる。

フリーという世界を基本にし、ジョブが終了すればまたフリーセッションに戻される仕組みだ。

このフリーセッションが実はなんでもありの最も危険な世界となっていて、基本なのにあまり長居できない場所なのかもしれない。

ジョブ

ジョブで安全なものは「レース」だ。しかしレースも最初のブリーフィングの画面でたまに「GTAモード」という殺し合いモードが設定されている場合があるので注意してみておく必要がある。

「レース」「サバイバル」「コンタクトミッション」以外は対戦モードとなっており、敵プレーヤーとの殺し合いが目的となっている。

コンタクトミッション

コンタクトミッションとは依頼者から参加者に依頼があり、協力して事に当たるというもの。

成功すれば全員に均等に報酬を受け取ることができる。GTAオンラインプレーヤーならば誰でもやったことがある基本のお金稼ぎだ。

コンタクトミッションでもお互いキルすることができるがキルすることでミス扱いとなり、ミッション失敗。報酬が貰えず、無駄になるのであまりそういった行為をするプレーヤーは少ない。 かつてはよくあったが・・・。

どんなことかというと始まってすぐに車に乗り込み、他プレーヤーを轢くというもの。車にのったプレーヤーは他プレイヤーから自動エイムされない利を生かした卑劣極まりないプレーだ。

防ぐにはとにかく早く車に乗り込むこと。もしそういった迷惑なプレーヤーがいたときは「投票」でセッションから弾こう。

強盗

コンタクトミッションがさらに内容充実したようなモード。それぞれが役割を持ち、目的を完遂させる。単発で終わるコンタクトミッションとは異なり、数回にも及ぶ壮大なものとなっている。

コンタクトミッションとは異なり、よりメンバーの結束が必要なため、キルなどがほぼ発生することはないと思われる。

しかしそうなるよう仕向けているのか終わった後、フリーセッションの同じ場所にリスポーンするような場合が多い。フリーセッションという危険な場所で近距離なため、しばしばキルが発生する事案が起きている。

防ぐには強盗参加前に「パッシブ」にしておけばOK。


フリーセッション

最後にこのゲームの基本となる「フリーセッション」

危険なセッションだがさきほどの「パッシブ」により、キルされることはない。

初心者がなぜキルされるかというと危険な場所とわからずフラフラしてしまうこと。

または他のオンラインゲームのように友達になろうとして他プレイヤーに近づいてしまうからだ。

残念だが絶対に近づいてはダメだ。

開始

ここまでわかったところで実際に開始してみよう。

開始するとムービーが流れ、やがて、ラマーとのレースになるはずだ。

かつては多くの新規プレイヤーで同時対戦することもあったが恐らく今ではラマーとサシのレースになるはずだ。

終わればほどなくしてメールが来て「服屋に行け」と指示が。

ここで注意したいのが今いるセッション、それはすでにフリーセッションであることだ。フリーセッションの注意点はすでに述べた通り、もうすでにそこは危険地帯なのだ。

自身も開始した時、この服屋で他プレイヤーに閉じ込められた経験がある。むろんシャレだ。店の前に止められた車は撤去されたが・・さすがに今そんなことするプレイヤーはいないだろうがもしなんらか身動きできない場合は「セッションを変更」しよう。

ランクが5くらいになるとジェロから「銃の腕がみたい」と言ってくる。要はジョブを自分で立て、人を募る方法をプレーヤーに示すためだ。

それはいいのだがそのジョブが対戦であることだ。ベテランからすると相手は始めたばかりのプレーヤーだ。恰好の餌となるだろう。

ここは一旦ジョブを開始し、中断しておKだ。

スタートしてからワザとなのか知らずにキルされるような仕様になっている。必ずキルされ、怒りを植え付けるような仕掛けになっているのだ。

他に細かい点もあるかもしれないがあまり気にしすぎても楽しめないだろう。

あ、そうそう、他人の乗り物に乗るときは相手が信頼できるかどうか見極める必要もある。なぜなら運転者が意図的に、例えばビルなどに激突した場合、なぜか相手からキルされた扱いになるのだ。

車はほぼ大丈夫かもしれないがヘリなどの航空機だとたまにワザと自爆する奴がいるので注意が必要だ。

 

本当にク・・・愉快なプレイヤーが多いGTAオンラインに是非参加してみて欲しい。

 

 

GTAオンラインプレイ日記3


g-player.com