レトロゲームFAN

オバケのQ太郎ワンワンパニック

オバケのQ太郎ワンワンパニックはは1985年12月にバンダイから発売された横スクロールアクションゲームだ。

当時のテレビコマーシャル画面の雰囲気が楽しそうで欲しくなりいつかは買いたいと思ってはいた。しかしその後のバンダイ様のご活躍を拝見し、その想いは断念せざるをえなかった。

数十年の時が流れ、ようやく買っても良い値段に。「機は熟した」

いや、どう考えても腐ったとしか思えないほどの悠久の時を経た今更感。

システム

食べないとすぐ死ぬQ太郎

ただひたすらに右方向へ進む横スクロールアクションだ。ぼけっとしていると体力がみるみる減り、ゲームオーバーとなる。高橋名人の冒険島だな。餌はたくさんあるので片っ端から喰っていけばいいわけだな。よし!

ユーレイなのになぜか当たり判定のあるQ太郎

腹が減り、メシも食らう・・・もはやオバケであることすら疑わしいQ太郎。ユーレイであるにもかかわらず実体があるようで敵に触れたり犬の吼え声に触れると一発死だ。なんと死んでいるはずなのにまた死ぬわけだ。

体力メーターがあるのでいくぶんが減るだけだと思ったのだが・・・一発死とはきびしいな。

お犬様がウザすぎ!

お犬様の吠え声攻撃に幾度となく葬られるQ太郎。ここは飛行状態でやりすごそう。Bボタン押しっぱなしでOKだ。飛行状態になると十字キーで上下左右フリーダムに快適に動ける。ただ体力が尋常じゃない速度で消費する。

犬どもを蹴散らすのだ!

そんな犬どもにはクルクルキャンディを採ることでガウガウ砲をチャージし、Aボタンにて血祭りに上げると良い。

総評

ファミコン初期のチープでかわいらしいグラフィックがいい。懐かしさだけ。犬の鬼畜さにプレイ意欲がそがれるが20分くらいなら十分遊べるかも。

■オバケのQ太郎ワンワンパニック
1984年12月16日バンダイ アマゾンレビュー14件☆2.1
「キャラゲーのバンダイらしく、お粗末な作りで失笑を買ったファミコン初期作品。とにかく低年齢向けとしては有り得ないほどの難易度の高さ。犬がメチャクチャ強い上に、多い。ほえ声の射程距離は長いしで常に苦戦を強いられます。」「クソゲーコレクター以外は、手を出しちゃ駄目!!!」


ファミコンアクションゲーム一覧