プレイステーション麻雀ゲーム一覧プレイステーション麻雀ゲーム1997年一覧プレイステーション麻雀ゲーム1997年一覧プレイステーション麻雀ゲーム1999年-2000年2月一覧プレイステーション麻雀ゲーム2000年一覧プレイステーション将棋ゲーム一覧プレイステーションパチンコゲーム一覧

発売日-1996年20件 麻雀ゲーム

タイトル感想
麻雀ステーションMAZIN~麻神~

1994年12月3日サン電子
対戦相手はリアルなポリゴン雀士。これは当時かなり惹きつけられましたが結局買わずじまい。
 ファミ通レビュー7,8,7,7「ツモもちゃんと山からとっていると思われ、すごくすごい!友達をおどろかすくらいは十分」「持っているだけで人気者間違いなし」

麻雀悟空 天竺

1994年12月3日エレクトロニックアーツ・インタラクティブ
「迫力に欠ける」「次世代てワケじゃない」MAJINのインパクトもあり、キビシめのファミ通レビュー5,6,6,7

アイドル雀士スーチーパイ Limited

1995年3月24日ジャレコ
アマゾンレビュー2件☆3.5
「過激さよりもギャグとお色気、歌など盛りだくさん」「ちょっと全体的に中途半端感は否めません」

ザッツ・ポン!エンターテインメント雀荘

1995年5月12日翔泳社
アマゾンレビュー0件

ニチブツマージャン女子高名人戦

1995年5月26日日本物産
アマゾンレビュー1件☆5
「プレステ3で試みましたがプレイできませんでした。」

麻雀巌流島

1995年7月7日アスキー
THE PLAYSTATION レビュー☆2

「配牌と上がり手がウソくさい」「すぐ大物手を狙いにいくなど思考ルーチンに偏りがある」

井出洋介の麻雀家族

1995年11月3日
アマゾンレビュー1件☆4
「ポリゴングラフィックで見せ方が凝っていて臨場感みたいなものはあった」

ナムコマージャン スパローガーデン

1996年1月1日ナムコ
12人のキャラクターの対局ができる。

「4倍速にするとすごいスピードで展開。」「人間らしい打ち方をし、それに併せた表情をポリゴンが作る、けっこういいぞ」ファミ通レビュー7,7,7,7

闘牌伝 アカギ

1996年1月13日アイクロネット
漫画「アカギ」をポリゴンで再現。

「緊迫感に満ちた大勝負の雰囲気は確実に味わえる」「捨て牌の状況がつかめないのがつらい」「ビデオの続きが見られるアカギモードはついついプレーしてしまう」ファミ通レビュー7,6,6,6

~麻雀戦術~ 安藤満プロの亜空間殺法

1996年6月14日童
安藤満プロのあの「亜空間殺法」を学ぶことができる画期的なソフト。

「インチキなしの正統派4人打ち。亜空間殺法はともかく、中級者が雀力をアップさせるるための解説や用意されているのはうれしい。」「あ、亜空間の基本!?はぁ?」亜空間に懐疑的な目を向ける無礼なファミ通レビュー6,6,7,7

タイトル感想
井出洋介名人の新実戦麻雀

1996年6月28日カプコン
ご存知、東大出身の井出洋介名人の麻雀ゲーム。「フリー対極」、「タイトル戦」、「放浪記へ」の3つのモードが楽しめる。もちろんどれもイカサマなしの本格派。

本格麻雀徹萬SPECIAL

1996年7月19日ナグザット
日本プロ麻雀連盟に所属しているプロ雀士達と対局ができる。

「内容的に地味すぎる」「正統派の4人打ちしかやらんという人なら」「さすがはプロ雀士たち。強いです。全キャラの成績がみれるのが励みになる」ファミ通レビュー7,4,6,5

出世麻雀 大接待

1996年8月23日キングレコード
対戦相手をいかに勝たせるかが目的の麻雀ゲーム。

「自分が勝っちゃいけない勝負ごとなんてつまんない」「上級者じゃないと楽しめないかもね。コンピ相手に「しょせん俺の手のひらの上で」とか思えないし」ファミ通レビュー6,4,6,4

小島武夫 麻雀帝王

1996年8月30日ギャップス
 雀士、小島武雄が登場する麻雀ゲーム。テストに合格すると日本プロ麻雀連盟の認定する初段位免許状が貰えるモードもある。

「段位認定に挑戦できるなどオマケも充実。条件をクリアーして少しづつ段位を上げていくのは楽しい」「コンピの思考が少々ノンビリめなのはツライが慣れればそれほどでもない」ファミ通レビュー6,6,7,5

プロ麻雀 極PLUS

1996年8月30日アテナ
16人のプロ雀士が実写で登場する。

「競技麻雀で実力本位名対戦をしたり、よりギャンブル色の強い対戦をしたりと各種モードが充実」「団体や関門への挑戦などいろいろな楽しみかたをさせる」「小さい手でもアガリまくるプロ麻雀士たちに縮こまる思い。」ファミ通レビュー7,7,7,6

アイドル雀士 スーチーパイII Limited

1996年9月20日ジャレコ
アマゾンレビュー2件☆5
「この位ファンに対しての情熱を感じる麻雀ゲームはこのPSスーチー2以外ではまずないでしょう!」「スーチーパイシリーズの最高傑作」

爆れつハンターまあじゃんすぺしゃる

1996年10月25日バンプレスト
爆れつハンターのキャラクターが登場する麻雀ゲーム。

「雀士としてのキャラクターの性格わけがよくわからなかった」「特殊技はないがみえないところでものすごいインチキをしてる」「スピードが超速で驚いた。全編しゃべるのはいいけど原作しらないと入り込めないなぁ」ファミ通レビュー5,5,5,5

本格4人打ち 芸能人対局麻雀

1996年10月25日ビデオシステム
アマゾンレビュー1件☆5
「TV放送を忠実に再現していますので、
難攻不落の秋元・字牌単騎や清水アキラのオープンリーチなど、 伝説の打ち手との対戦が家庭で楽しめます」

麻雀大会2スペシャル

1996年11月29日コーエー
リンカーンや水戸黄門など個性的な歴史上の人物23人と対局できる。

「コンピューターの思考はかなりしっかりできてます。ポリゴンで描かれた著名人の顔、これがわりと見もの」「思考は短め、テンポもまずまず。何度もプレーして蓄積した個人データやランキングをみるのも楽しい。」ファミ通レビュー7,7,7,7

ロジック麻雀 創龍

1996年12月20日日本一ソフトウェア
コンピューターの思考パターンを設定してオリジナル雀士を作れちゃう麻雀ゲーム。

「顔、勝ち負けの台詞、打ち方のクセなど細かく数字で設定できるがけっこう地味。」「中国のマフィアを題材にしたストーリーモードもいい感じ。」「条件を設定するだけの初心者用と数値を設定して詳細な設定ができる上級者用があるエディットモードは斬新。派手さはないが長く遊べるソフト。」ファミ通レビュー6,5,6,7


プレイステーション麻雀ゲーム一覧プレイステーション麻雀ゲーム1997年一覧プレイステーション麻雀ゲーム1997年一覧プレイステーション麻雀ゲーム1999年-2000年2月一覧プレイステーション麻雀ゲーム2000年一覧プレイステーション将棋ゲーム一覧プレイステーションパチンコゲーム一覧