タイトル

殺意の階層

ファミンアドコベンチャーがやりたくなり、レトロゲームショップで見かけた「殺意の階層」を買ってみた。 パッケージみて思い出したけどコレ、当時は主人公の雰囲気に嫌悪し、避けたソフトだ。

これまでプレイしてきたプレイヤーや助手にはヤスや神宮寺、猿渡シュンスケなどといったカッコいい面々だ。それに比べ、コヤツは明らかに毛色が異なる。

  
そうそうたるイケメンども

↓この「殺意の階層」の主人公はかなり微妙だ・・・・。モッサリした後ろ髪とキャップのとりあわせだけがサスペンスしているではないか。


なんだぁこの赤いキャップ
わぁ?

とはいえ、重要なのは中身だ。なんでもファミコンで多い、コマンド総当りが通用しないらしい。確かにコマンド総当りというのはアドベンチャーゲームの面白さの本質をつぶしてしまう遊び方だ。

でも総当りしていかないと「こんなコマンドで進むのか・・・」というような展開のソフトもままあるため、仕方なく実行してしまうプレイ方法ではあるんだけど・・・。 総当りでプレイさせたくないのなら選択に納得感のある・・・(以下略)。

しかしこのゲームではそのようなプレイ方法では決められた期間があっという間に過ぎ去り、ゲームオーバーとなってしまうのだ!

「・・・本物かもしれん」さ、始めてみよう。

ショボイわ!画面がぁ。 「バグ!?タイトル画面が出ないんだけど・・・」困惑するなこりゃ。 画面がチープすぎて逆に新鮮か! とか思ってたらプロローグのような簡単な捜査を終えたら本来のタイトル画面が。


・・・ってそれでもショボイ。こんなもんか。

おまけにグラフィックが・・・・。配色が悪いのか?右のオヤジ、
髪の毛とか輪郭が緑色?けっこう大胆な色使いだ。

崖下の場面、画面左下の波の部分が動いている・・・・けっこう凝っている?

一つのコマンドで3分過ぎる。 「あ、今のウソウソ」とかいっても問答無用で過ぎる。それにいつものような上から順に作業っぽく入力していく従来のアドベンチャーとは一味違う。 与えられた期間は3日間、・・・・捜査する期限としては短いような。 ためしに適当にプレイしてみた。 数々のアドベンチャーを解決してきたこの頭脳をもってすれば・・・一発解決の可能性もある!


へ!?そうでしたっけ?

けっこうだと?だいたい3日間で解決とか敏腕刑事でも無理だぞ。

あれだけ熱心にお願いしといて「もうけっこうです」とか熱冷めるの早いオヤジだ! これは・・・むずいかも! い、いや ある程度の人間関係は把握した。無駄なコマンド入力をしなくなるであろう2周目以降から生きてくるはず・・・。


悪戦苦闘捜査は続いていく・・・

システム

コマンド選択式のテキストアドベンチャー。ただ時間制限があり、一回のコマンド入力で3分が経過する。夕方の6時を過ぎるとその日の捜査を打ち切ってしまう。考えてコマンド入力しないとけない。

ただセーブロードができるのであらかしめコマンドを総当りしといて効果のあったもののみを抜き出して前に戻る。なんていうことができるため、そこまで影響は受けない。

プレイの仕方としてはどうかと思うけどそうしないと自分みたいなのはクリアはできなかっただろう。

グラフィック

メッセージ等が表示される画面下半分はグレーを使っているけど素直に黒じゃだめだったのかな・・・。画面全体のコントラストが弱いという印象がある。タイトル画面にもグレーを使っているので統一感をだすためなのかな・・・。緊張感に欠ける部分は画面の印象からくるような気もする。

キャラクターの目が瞬きしたり、海岸の波が動いたりして凝っている部分もあり、全体的に悪くは無いです。当時自分がなぜ買わなかったかというとキャラクターデザインが生理的に受け付けなかったからです。

シナリオ

このゲームは2時間サスペンスみたいなシナリオを楽しむタイプじゃありません。そういった受動的なタイプのゲームではありません。 与えられた情況、モノから観察し、想像力を働かせて推理する。推理を楽しむゲームです。

聞き込みももちろんあるけどどちらかというと名探偵が現場をみて頭を捻る。そういう感じを楽しむものだと思う。「どうしてこんなことを?」という疑問からその人物の動機を考える場面があります。意外と今までアドベンチャーゲームやってて自発的に考えたことなかったんですけど。このゲームはプレイヤーにそういうことをさせてきます。プレイヤーに考えさせるというコンセプトがあるんだと思いますね。

音楽・効果音

印象としてはあまり良くは無いかもしれない。キャラクターがいる場所によって音楽を分けている点は評価できるけどそれぞれの曲のデキはあまりよろしくない。 BGMに関しては個人的には評価してません。

たいていアドベンチャーゲームには捜査に進展があった場合、効果音が鳴るお決まりの演出があります。


な、なんだってーー!!
....あれ?音鳴らないの?

だけどこのゲームにいたっては無い。なのでなんだか寂しいかもしれない。ただ理由としてはおそらく捜査の進展になったかどうかはプレイヤーに委ねられているからだと思います。人によっては敏感に察知することでも別の人にはなんだかよくわからない事かもしれない。

よくわかっていない人に向けて「捜査に進展があったよ!」と効果音と共に教えてあげるのはこのゲームの性質上あってはならないので理解できるシステムです。・・・だとすればこのゲーム、なかなか奥が深いといえば深い。

そういったこのゲームの特性もあり、この点においてはちょっと不利になっている。

良い点

期間制限

時間制限があるのは緊張感を保つのに良い効果があった。制限のあるなかでいかに工夫する楽しみもあったんじゃないでしょうか。自分みたいなヘボ探偵は総当り→ロードをやってたのでただめんどくさかっただけですが・・・。

最適化されたコマンド入力

ファミコンアドベンチャーの中で最も洗練されたコマンド入力。直前のコマンド選択のカーソル場所が記憶されるため、入力がものすごくラクなのだ。

一階層目が「調べる」二階層目に「つくえ」「ベッド」「パソコン」になる場合。「つくえ」を調べた後に続けて「ベッド」を調べたいときにまた一から「調べる」→「ベッド」と冗長な選択をする必要はないです。

現在地である2階層目が記憶されているため、すぐに「ベッド」を選択することができる。もし、このゲームがコマンド総当りゲームだったとしてもかなりスムーズにプレイできただろう。こういうのって地味だけどけっこう考えて作られているように感じられ、好感が持てる。

適当なプレイはできない

最後あたりに「あんた、本当にわかってプレイしてるんだろうな?」とばかりに多数の選択肢が出てきます。疑い深いやっちゃのう・・・。

ただ適当にプレイした人にとってはけっこうな組み合わせになり、真のエンディングには辿り着きにくくなっている。でもテキストをちゃんと読んだ人にとってはさほど難しくないようになっている。

イマイチな点

演出

ちょっと淡々としている。ジワジワ来るっていう見方もできるけど。コンセプト的に仕方が無いのかもしれない。

総評

事前にアレコレ調べるとたまにいきなりエンディングを目にしたりネタバレにお目にかかることもある。なのであまり調べずにプレイを始めた。でもそのせいでこのゲームのコンセプトに気づくのが遅く、序盤の評価は低かった。「アレとアレがはっきりしないまま終盤にきたんだけど・・・。」とか。それも当然、出てきた材料を自分で判断するためだったのだ!

途中からこのゲームのコンセプトみたいなものが見えてきてそこから楽しめるようになってきた。ただ、残念ながらすでに終盤ではあった・・・。

アホな管理人が自力クリアできた方法

事前にセーブ、コマンド総当り→効果的だったコマンドピックアップし、メモ→ロード→そのコマンドのみ入力して時間節約

基本的にはこれを繰り返す。

念の為、3つあるセーブ枠をフル活用するのもいい。自分はけっこう頻繁に戻った。

殺意の階層
1988年1月7日HAL研究所
しっかりとしたコンセプトのもとに作られていて、ネット上での評価の理由に納得。

驚愕の真のエンディングは自力クリアでのみ味わえる。



g-player.com