ビクトリーラン

パリダカをモチーフにしたドライブゲーム。パーツを持ち込み、修理しながら完走を目指す。

システム

最近のようにシュミレーターのようなリアルなドライブゲームがある中、一見するとこの時代のドライブゲーはかなり厳しいです。

走査線をズラしながら表示する擬似3Dなのでアウトインアウトがまずできません。

すべてのコーナーが「イン、イン、イン」です。さもないとオーバーランです。

しかしこのゲームのある要素によって別の面白さがあり、今なお、遊べるゲームとなっているのです。

壊れるパーツ

スタート前に予備のパーツを振り分けることができる。自分の走り方がもろに各パーツへ影響するようになっているのが面白い。

道に落ちている石をかまわず踏んで跳ねさせるとサスが悪くなる。サスが壊れると右いったり左いったり不安定に。

エンジンが傷み始めるとスピードが上がらなくなる、ブレーキが壊れると止まれない、ギアが壊れてもスピードが上げられません、

ギアが上げられないと高回転状態に続くため、これもエンジンを痛める。タイヤだけに集中させても駄目なのだ。

もし部品をケチって交換しないでそのまま走っていると様々な弊害が出始めるわけだがあえて交換しないでこれらを抱えながらだましだまし走る。コレもけっこう楽しかったりする。

タイムがシビアなので無理だが・・・。

制限時間

各ステージは制限時間があり、あちこち壊れてヨボヨボで走っているとあっという間にタイムオーバーとなるので気をつけよう。 やっぱパーツは変えよう・・・。

絶望的な横の車間距離

車の間を縫うように走るのがこのビクトリーランの特徴。最初は難しい・・・しかし車の挙動がわかってくると次々と車をかわしていく醍醐味を味わう事ができる。

グラフィック

当時それまでドライブゲームでアップダウンがあったのはファミコンの「ハイウェイスター」くらいだったのでそれなりにスピード感が味わえた。

まだまだファミコン全盛の当時はけっこう迫力があったのがこの大型トレーラー。

今見てみるとどうってことないが初めてコレを見たときは「スゲー! お!?バイクも走ってる。スゲー」とか。実にチープな事で喜んでいた素朴な時代でした。

操作フィーリング

オンロードとオフロードで挙動をキチンとわけてます。オフロードではあまりスピードが上がらないようにできてます。

それと道路が荒れている分、車体が若干上下に動いたりする挙動も。がんばってましたね。あくまで当時としてはですが。

先のステージに進むと邪魔してくる車が増え、中には変なお薬でも飲んでいるとしか考えられない蛇行運転の車が登場。

「どうしろと!」

ハンドリングの十字キーは一回押す毎の移動する量は一定だが方向転換が可能なタイミングがパーツの痛み具合で決まってくる。

これがわかってくると次々と交わすことができるようになり、ハマりポイントに。

音楽・効果音

ゲーム中のBGMはいいです。ただ効果音ではコーナーでオーバースピードでスリップしているとでる「ギュルギュル」という甲高い音とか気になりますかね。

良い点

演出

走っていると昼、夕方、夜に変化するのが良かった。なんか本当に延々走っているような気分にさせてくれます。旅にでる感覚というか

敵車に触れただけでは爆発しない

たまに敵車にぶつかっただけで大爆発するウソのレースゲームがありますがビクトリーランではそんなことはありません。

しかし縁石の外にある障害物に当たると派手に一回転してしばらく停止します。これがものすごくタイムロスになります。

一回でもこれがあるとその区間はタイムオーバーになってしまいますね。

最悪コース外の岩には絶対にあたらないようにすればなんとかなります。急ブレーキする判断も必要。

イマイチな点

敵車の蛇行運転

このゲームに限った事ではなく、昔の車のゲームに良く見られるありがちな難易度アップの手法。

それはありえないほどの敵車の蛇行運転がある。ヨッパライか明らかになんらかの異常事態である。

総評

最初はムズイ。

しかし、しばらくプレイすると段々慣れ、無理だと思った敵車のギリ避けができて楽しくなってくる。

やっぱいいなぁこの基地外じみた敵車の蛇行運転。

当時長く感じたステージも今みてみるとそれほどでもなかったことも気軽にプレイできていいね。

昼、夕方、夜、移りゆく周りの景色にまるで旅をしているかのような気分
最後のステージはちょっとした変化があり、感動的です。

がんばってたよなぁ・・・ハドソン。

★★★★☆


g-player.com