エグザイル 時の狭間へ

「エグザイル 時の狭間に」は1991年3月29日に発売された日本テレネットによるアクションRPGだ。

エグザイル時の狭間に

 PCエンジンとはいえ、CDロムなので映像と音はなかなかの臨場感だ。  ストーリーは・・・なんだか宗教色が強く、いまひとつピンとこない。ま、アクションRPGがやりたいだけなので深く考えず、開始しようか。 まずは街で仲間を集め、砂漠のオアシスへ。

ちなみに仲間がいくらいようとも戦うのはサドラー一人だ。なんなんだ。

 さて、アクションステージだ。 早速下突きにて敵を葬る。

下突き?どっかでみたなぁ・・・まさかマネじゃないだろうなぁ。

下突き?これもじゃないか

モーションが少し少ないように感じるがまぁ楽しめるか。  敵が唐突に現れ、回避が難しく、すぐに絶命。  「・・・・」

気を取り直し、再開。 入り口付近で敵を倒しまくり、レベルを5まで上げた。 ちなみに敵が自動的に出現するポイントがあり、 連射パッドを使えば押しっパにて自動で経験値が入る。 やがて飽き、進むことに。

するとボスにまで到達。またもや絶命。ちなみにアクション面では保存ができない。ボスに敗れ去ればまたレベル1からのスタートだ。小一時間の レベル上げ作業すべてがパーに。 「・・・・」

このボス、通常攻撃も通じないし下突きも通じないし、しばし「どーすりゃええんじゃい!」と安全地帯にて立ち尽くす。

意を決し、背後を狙ってジャンプ。下突きにてアッサリ倒せた。・・・なんだか釈然としない。

苦戦したのはコイツだけで後の中ボスはさほど強くもなかったな・・・。

い、いや。RPGはストーリーだ。ストーリーさえよければ後は目をつぶろうじゃないか。そのストーリーだが一本道だ。ウム、男は一本気がいいな。寄り道があたりまえの現代RPGからすると逆に新鮮に感じる。

伊豆

さらにポンポンとストーリーは進み、舞台もめまぐるしく変わっていく。 ここでも同じような戦いが待っているし、似たようなダンジョンが待っている。勢い余って舞台は日本まで来てしまうほどだ。

敵の出現パターンだがファミコン的でショボさを堪能することができる。 なんとレベルは17でカンスト!

 操作していてそれほど楽しく感じられないアクションRPGかもしれないがアニメや声、音で演出を補完。

にもかかわらずストーリーがただ漫然として一本調子に感じ、中身がスカスカしている感覚を味わうことも可能。いろいろと大満足できた一本だ!
★★★☆☆

エグザイル時の狭間へ攻略←

g-player.com