エグザイル 時の狭間へ

「ロードス島戦記」は1992年7月17日にPCエンジンCDロムにてハドソンから発売されたRPGだ。オープニングにはかなり力を入れていて、今でも十分見ごたえがある。

ロードス島戦記

コマンドRPGは個人的にはあまり好みではない。なぜならチマチマテンポが悪い印象があるからだ。

しかしこのロードス島戦記はかなりテンポが速く、そんな苦痛はない。

戦闘がシミュレーションっぽいがテンポ良く展開するため、めんどうくささはない。毎回違う展開が楽しめ・・・いや、戦闘はずっと「自動」を選び、見ているだけだ。ラクラク。

「キャンプ」を張ればMPが回復するシステムも気に入った。魔法がぞんぶんに使えるじゃないか。

戦闘バランスも易しめに作られており、お試しで始めてみたらハマってしまった・・・・。

武器屋では誰が装備可能かが表示されるなど行き届いている感あり。

レベルはちょっと上がりにくい、じっくり腰を据えてのプレイになるかな。エンカウントは普通かやや高め。

とはいえ、微妙に性能の違う武器がドロップするおかげで戦闘の多さはそんなに苦痛ではないかもしれない。

しかしこの雰囲気・・・ファンタジーRPGに目が無いプレイヤーにはタマランものがあるだろう。

★★★★☆



g-player.com